安心・安全の取り組み

安心・安全の取り組み

おいしさのこだわりおいしく食べていただくために、様々な商品の開発、仕込み、製造、包装、出荷、配送、どの段階でも「おいしい和菓子」をお届けするという気持ちを忘れず、全ての製造工程のシステムづくりに取り組んでいます。

1 日40 万個、世界一のどら焼き(どらやき)工場から安心でおいしい和菓子をお届けします。

FSSC22000認定取得

ISO22000 / FSSC22000丸京製菓の本社工場は、どら焼き(どらやき)世界一の生産量だけでなく、美味しさ、品質、安心・安全においても世界最高のどら焼き(どらやき)の製造にこだわっており、世界最高峰の食品安全マネジメントシステム『FSSC22000』を認定取得しています。

詳しくは「FSSC22000認定取得にしました」ページにて

 

MQS の確立

MQS(丸京クオリティーシステム)とは、ISO 規格(国際標準規格)やHACCP(危害分析重要管理点システム)などの良きところを採用し、安心・安全な商品を、効率よく生産して、お客様にお届けするための丸京製菓独自の品質管理システムです。

常にお客様のことを考えMQS を実践し、さらなる進化をし続けています。

MQSの確立

 

HACCP 対応の機能的な食品工場

安心・安全な工場からできたてのおいしさをお届けします。HACCP(危害分析重要管理ポイント)の思想を各所に盛り込んだ衛生的で、生産性の高い、機能的な構造を実現しました。さらにこの工場は、「鳥取県HACCP適合施設認定制度」の認定も取得しています。

鳥取県HACCP適合施設認定「鳥取県HACCP適合施設認定制度」とは、衛生管理が鳥取県の一定基準に適合している生産工場に対して鳥取県が認定を行い、安心・安全の証として、対象商品には認定マークの使用を認めています。

丸京本社工場6つのポイント

 

安全のための厳しい衛生管理

< 工場内入場手順 >

工場内入場手順

温度管理でおいしさと安全を追求!

  • 原材料保管庫原材料保管庫
  • 放冷室放冷室
  • 乾燥室乾燥室

 

おいしさのこだわり

 

商品づくりへの情熱

取締役 事業推進室室長 石倉美代子

いつでも出来立ての美味しさをお客様へお届けすることをモットーに商品開発しています。「あっ、丸京!これ美味しいね!」とお客様に安心して購入して頂ける和菓子ブランドを育んでいきます。そして日本の良き伝統文化を大切に20 代~50 代のファミリー層に向けて新しきマーケットの想像をして参ります。これからも丸京製菓をよろしくお願い致します。取締役 事業推進室室長 石倉美代子


執行役員 営業部マネージャー 紙徳秋子

和菓子という文化を日本のみならず海外のみなさまにも認知していただき、みなさまに喜んでいただくために、より良い商品づくりをしていきます。執行役員 営業部マネージャー 紙徳秋子


営業部 重谷誠二

出来たてにより近い商品を鮮度管理し、素早くお手元にお届けする。「おいしさ=できたて」これこそが丸京製菓が大切にしていることです。営業部 重谷誠二